フラワーエッセンスやアロマ製品が今すぐ欲しいときに。翌日当日お届け対応商品
決済・配送方法
フラワーエッセンス送料無料
ギフト用ラッピング_アロマギフト
LINE
フラワーエッセンスとは
フラワーエッセンスの選び方
フラワーエッセンスQ&A
ペットのためのフラワーエッセンス
アバンダンスシリーズ
ハートスピリットシリーズ
バランサーシリーズ
イルカとクジラ
恋愛エッセンス
ヒマラヤンガイアシリーズ

フラワーエッセンスを
悩みや目的別に探す

アンシェルブログ

2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
forpets

ペットのためのフラワーエッセンス

フラワーエッセンスを愛用する人口の増加と共にペットに利用する飼い主さんや治療のサポートとして使用している動物病院も多くなってきております。
動物は純粋で疑いを持つことが少なく、人間と違って今この瞬間に生きているので、人間よりも反応が早いといわれています。また、動物は飼い主につながっていることが多く、飼い主のストレスを吸収していつも助けてくれています。
フラワーエッセンスは直接肉体の症状を治すものではありませんが、動物達のストレスの原因を取り除き、調和の取れた本来の状態に戻すことをサポートしてくれます。また飼い主とペットとのコミュニケーションや、いつも寛容な心で愛情を持って接することができるようにサポートしたり、ペットの死に直面している人、自分のペットを最近亡くした人、何年も前に亡くなったペットへの問題を未だに解消できない人々のサポートもしてくれます。

フラワーエッセンスの与え方

■ バッチフラワーレメディの使い方
  • 1.飲み水やエサなどに、21種類のレメディのうち、ペットの状態に合わせて選んだもの(6〜7種類まで)を、2滴ずつ入れます。レスキューレメディの場合は、4滴入れて飲ませるようにします。
  • 2.レメディは、口に直接たらしてあげるか、(スポイトの先が口についたり、かじったりしないよう気をつけます。)飲み水やエサに混ぜます。レメディを飲み水に入れる時、一度に飲み切らない場合は、多めに入れるようにします。ペットが好きな食べ物やおやつに垂らしてあげても結構です。
  • 3.レメディを直接とることを嫌がるような場合は、ペットがよくなめる箇所に塗るか、唇・鼻・肉球・耳の後ろなどに塗ったり、自分の手に吹きかけてから、マッサージをしてあげるようにすると良いでしょう。
  • 4.1日に4回以上を目安に飲ませてください。
  • ●病気や怪我で薬を服用中の動物、また妊娠中の動物にも使用することができます。
  • ●動物の感情に合わせて自由に組み合わせることができます。

■ その他フラワーエッセンスの与え方
  • ・1日に2-3回、1回に2-3滴(ブッシュエッセンスは1回に7滴)を直接飲み水に混ぜる。
  • ・手に数滴取りこすり合わせた後、ペットの毛になでつけたり、オーラをなぞってあげる。
  • ・直接口に垂らす。また、歯茎や鼻にすり込むのもよいでしょう。
  • ・ペットの周りや小屋、寝床などにスプレーする。
  • ・ペットが入浴するお風呂に入れる。

フラワーエッセンスの選び方

■ レスキュークリーム
レスキュークリームは、皮膚の状態に対して使えるものです。
怪我をしたり、湿疹や蕁麻疹が出来たとき、自傷行為で毛をむしってしまった時など。

■ レスキュースプレー
レスキューレメディをさらに手軽に使えるスプレータイプ。
お口にシュっとスプレーするだけなので、いつでもどこでも気軽に使うことができます。
ノンシュガー、ノンアルコール。

毎日の関わりの中であなたのペットに今何が必要なのかはあなた自身が一番よくわかっていることでしょう。ペット達の普段の行動に着目して調和の取れた状態に戻す為にエッセンスを与えるようにして下さい。
あなたが直感的にこれだと思うもの、また片手でペットに触れながら反対の手でOリングやペンジュラムでエッセンスを選んであげる方法も有効です。

ペットのためのフラワーエッセンス
フラワーエッセンス・アロマ通販アンシェルの配送・決済情報

フラワーエッセンス・アロマ通販アンシェルのページトップへ

Copyright (c) フラワーエッセンスアロマ通販アンシェル all rights reserved.